レバンテ聖護院の入居者サービス情報♪(京大病院に勤務の方・京大生などに便利な一人暮らし賃貸マンション入居者サービスブログ)
文学賞受賞作品プレゼント 文学賞の受賞作品プレセント

 普段読む専門分野の本から離れて読む本、気分転換になりますよね。毎年発表される数多い文学賞の中から、著名な文学賞の最新受賞作品を毎年2冊をもれなくプレゼントします。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
4月1日から翌年2月末日までの間に2冊お申し込みできます。次年度への繰り越しはありません。年度内にお申し込みください。翌年度は新たにお申し込みすることができます。レバンテ聖護院にご入居中は毎年お申し込みできます(^^♪
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
最新の受賞作がまだ単行本として出版されていない場合があります。その場合は出版された時点で、このホームページ上に掲載しますので、その後にお申し込みください。それまでは、掲載されている受賞作品をお申し込みできます。

締切期限はありません。いつでもお申し込みできます。

文学賞受賞作品プレゼント申し込みページへ

2016年 本屋大賞 宮下奈都 「羊と鋼の森」

2016-09-20-9.jpg

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない」ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。史上初! 堂々の三冠受賞!( 2016年 本屋大賞 2016年 キノベス! 第1位 2015年 ブランチブックアワード大賞)

2016年 芥川賞 村田 沙耶香 「コンビニ人間」

2016-09-20-3.jpg

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。

2016年 直木賞 荻原 浩「海の見える理髪店」

2016-09-20-4.jpg

主の腕に惚れた大物俳優や政財界の名士が通いつめた伝説の床屋。ある事情からその店に最初で最後の予約を入れた僕と店主との特別な時間が始まる「海の見える理髪店」。伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら…。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。人生の可笑しさと切なさが沁みる、大人のための「泣ける」短編集。

2016年 谷崎潤一郎賞 長嶋 有 「三の隣は五号室」

2016-09-20-8.jpg

今はもういない者たちの、一日一日がこんなにもいとしい。傷心のOLがいた。秘密を抱えた男がいた。病を得た伴侶が、異国の者が、単身赴任者が、どら息子が、居候が、苦学生が、ここにいた。――そして全員が去った。それぞれの跡形を残して。小さな空間に流れた半世紀を描いて、読む者の心を優しくゆさぶる長嶋有、面目躍如の会心作。

2016年 松本清張賞 蜂須賀 敬明 「待ってよ」

2016-09-20-5.jpg

5人の全選考委員を驚かせた魔術的なストーリー。さかしまな時間が流れる海沿いの町。墓場から人が生まれる恐怖と、恋人が若返るせつなさ。新しい小説と評された戦慄の受賞作!

2016年 川端康成文学賞 山田 詠美 「生鮮てるてる坊主」

2016-09-20-6.jpg

「生鮮てるてる坊主」収録した11編。奈美はある夫婦と親しくしているが、妻の虹子よりも、夫の孝一の方に深い友情を感じている。虹子にまつわる問題を二人で解決することで、更に親密度は増していく。しかし、孝一の出張中の雨の日を境に、三人の関係に歪みが生じ始めて…。恋愛、友情、自尊心――人間の欲望の行き着く先は、グロテスクでブラックで愛おしい。

TOP PAGEに戻る





  
  
  


line.gif

これより後の記事は、締切済の過去の特典情報です

レバンテ聖護院のご入居者へのこれまでのプレゼント情報です。リクエスト、希望などがありましたらお知らせください♪ 

link.gif 私たちレバンテ聖護院スタッフは、生活するためのスペースをご提供するだけではなく、より豊かで快適なシングルライフを過ごしていただけるよう、ご入居後の心地よさ・楽しさを感じていただけるように考えています。私たちスタッフも楽しんでいます!(*^-^*)

レバンテ聖護院スタッフへのメール♪ レバンテ聖護院公式 Facebook Page

TOP PAGEに戻る