レバンテ聖護院の入居者サービス情報♪(京大病院に勤務の方・京大生などに便利な一人暮らし賃貸マンション入居者サービスブログ)
------ 休日はレバンテ聖護院からおでかけアート ------
美術館「えき」 特別展ご招待券プレゼント♪

**** 没後60年 ****
<マリー・ローランサン展>

マリー・ローランサン(1883-1956)は20世紀前半のパリで活躍した女性画家です。彼女が描き出す優美で甘美な作品は、いつの時代も人々を魅了し続けています。ローランサンは幼い頃から絵や詩に興味を持っていましたが、はじめに入った学校は名門女学校でした。やがて「画家になりたい」という思いが高まり、卒業後にアカデミー派の画家フェルナン・アンベールの画塾に入門します。ローランサンは、そこで出会った画家ジョルジュ・ブラックによって魅力的な新造形の世界に導かれ、パブロ・ピカソが住むモンマルトルのアトリエ「洗濯船」に集う画家や詩人たちとも交流を深めました。その結果、彼女の画風は少しずつ変化していきました。

2016-09-20-1.jpg


新しさを探求する芸術家たちは、ローランサンにとって刺激的な存在だったでしょう。しかし、彼女は次第にパリの芸術界から距離を置き、「自分らしさ」の探求に出ました。キュビズム時代の鋭い輪郭線は徐々に消え、そのスタイルは可憐で気品あふれるものへと変化し、色彩も柔らかく愛らしいパステルカラーを用いたローランサン独特の造形世界が生まれました。変わりゆく時代の中で、常に自分自身と向き合った画家ローランサン。没後60年を記念して開催する本展では、マリー・ローランサン美術館が所蔵する油彩を中心とする約80点を紹介します。初期から晩年にいたるまで、常に新しい造形表現を探求し「自分らしさ」を追究したローランサンの創作世界をお楽しみください。(引用:美術館「えき」KYOTO 公式サイトから


開催期間: 10月28日(金)~11月27日(日)

museum eki2
美術館「えき」KYOTO 公式サイト

開館時間:午前10時~午後8時/入館締切:閉館30分前
休館日:ジェイアール京都伊勢丹に準ずる。展示入替期間。


crown.gif アート・映画のご招待券を毎年5枚もれなくさしあげます。次年度への繰り越しはありませんが、翌年度は新たにお申し込みできます。退室されるまで毎年申し込めます。

お申し込みありがとうございました。
この申し込みは締め切りました。


TOP PAGEに戻る